子どもの不登校はママへのギフトTwinkle Happy

~カラーセラピーとサンキャッチャーで笑顔あふれる毎日を~

新学期、学校に行きたくない

TCカラーセラピーとカラーdeサンキャッチャー®︎を中心に活動しております

Twinkle Happy* 石上絵里香です。

 

f:id:twinklehappy:20190402214037j:image

 

昨日新元号が発表になった後、文房具屋さんにボールペンを買いに行ったら

 

試し書きの紙に『令和』の文字が(=^▽^)σ

 

早いよねー

氣持ちわかるー書きたくなるよね(笑)

 

 

試し書きをしたのは学生さんかな?

 

 

もうすぐ新学期も始まるし、新しい文房具を揃えに来たのかな?

 

 

 

 

うちの息子が不登校になったのは小学5年生の時からですが(今は高校2年生になります)

 

はじめの頃は

「来週になったら行く」

 

 

行けない

 

 

「来月になったら行く」

 

 

 

行けない

 

 

 

「新学期になったら行く」

 

 

 

やっぱり行けない

 

 

という繰り返しでした。

 

 

結局いつも行けないじゃん!

 

だったら「行く」なんて言わなきゃいいのにって

 

私はやきもきしながら思っていました。

 

 

「行く」という言葉を信じた私が馬鹿みたいとも感じていましたね。

 

 

でもそれは、あの当時の私の根底に

 

「学校に行くのが当たり前」

 

「学校に行くのが子どもの役目」

 

という思い込みがあったからです。

 

 

 

学校はね

 

「行かなくちゃいけないところじゃない」

 

 

行ってもいいし

 

 

行かなくてもいい

 

 

まずそばにいるお母さんが

 

もし、あの当時の私のように

「学校は行くのが当たり前」と思っていたら

 

 

無理矢理にでもいいから

 

「学校は行ってもいいし行かなくてもいい」と

 

信じてみてください。

 

 

そして、お子さんに、そう伝えてみてください。

 

 

 

きっと今、始業式前で

 

学校に行きたくないけど行かなくちゃ、と思っているお子さんは

 

すごく苦しい時間を過ごしていると思います。

 

 

行きたくない理由は、人それぞれあるでしょう。

 

 

理由は聞かなくていいから

 

はっきりわからない場合もあるし

 

 

そこにこだわらなくていい。

 

 

 

 

まずは「行かなくてもいい」環境を作ってみてね。

 

 

どうしても無理!

なんで「行かなくていい」のか理解できない

 

 

そういうお母さんがもしいらしたら

 

私とゆっくりお話ししましょう^ ^